適切な処理・処分が大切です

皆さんはご家庭などで要らなくなったものが出たとき、どのように処分をされているでしょうか?
もちろん一言で「要らなくなったもの」と言っても、普通に出る可燃ごみのようなモノもあれば、家電や家財道具などと言った大型ゴミもありますので、簡単に答えることは難しいかもしれません。

しかし大切なことは適切な処理・処分をすることです。
要らなくなったもの……いわゆる「不用品」の処分は、適切に行われなければ大きな社会問題となってしまうのです。

適切な処理・処分が行われないと……

皆さんの中には河川敷や高架下、或いは工事現場などで投棄されている家電や家財道具を見かけたことがある人も多いかと思います。
これらは社会のルールを守らない個人が不法投棄したりするケースもありますし、最近では不要品回収という仕事を生業とする連中が、個人から集めた家電などを正規の処理ルートに載せずに不法投棄するケースも多いのです。

環境汚染をもたらす不法投棄

業者の不法投棄が何故クローズアップされているのかと言えば、土壌汚染や水質汚染などの環境被害の引き金になってしまうという点。
更に原状回復のために多くの経済的損失を招く点が挙げられます。
またそれだけでは無く、ルールを守らない連中によって各種のリサイクル制度や廃品を回収する仕組みなどが崩れてしまい、適切な処理・処分をすることが出来なくなったり、結果的に大きな不利益になってしまうことも挙げられます。

不用品回収業者の安易な利用がもたらすもの

また不法投棄を行うような業者の中には「無料で回収」などと謳っておきながら、実際には何かと理由を付けて高額な請求を行うようなものもいるのです。
タダで処理してくれるものと思って甘言に乗ったら、要らぬトラブルに遭う……こんな目には遭いたくないものです。

正しい処分を行いましょう

我が国では環境の汚染を防止し、資源を有効に活用するために様々な法律によってゴミの処理が制限されていたり、方法が定められています。
家電の中でも特に大型な特定4品目と呼ばれる家電に対する家電リサイクル法。
パソコンの処分に対するPCリサイクル法などが主なものです。
また家具などの処分については各自治体の定めがあります。

これらは一見すると面倒なものですが、消費者一人ひとりがモラルを持って、適切な処理・処分をするようすることで、結果的に人類全体が大きな利益を得るためのものです。
目先だけのことに囚われず、必ず正しい処分を行うようにしましょう。


更新情報