ベッドやソファーなどの粗大ごみの処分について

- ベッドやソファーなどの粗大ごみの処分について

ベッドやソファーなどの粗大ごみの処分について

生活をしていれば出てくる厄介者と言えばゴミでしょう。
江戸時代の日本のような生活をしていれば話は別でしょうが、現代社会において生活とゴミは切っても切り離せないものです。
しかし俗に一般ごみと呼ばれる家庭から出される廃棄物は、市町村に依る収集・処分の仕組みがあり困ることはありません。

しかしそれほど頻度は多くないものの、実際に捨てるとなれば大事になるのがベッドやソファーなどの大型家具の始末です。
その時がきたら皆さんはどうされるつもりですか?

基本的には自治体に引き取ってもらう

ベッドやソファーなどの大型家具を処分する最適な方法は、自治体に粗大ごみとして回収してもらうという方法です。
自治体に依って手続きなどが違うために、具体的な方法は問い合わせる必要がありますが、多くの場合は事前に廃棄のためのシールなどを購入することで回収料を支払う仕組みになっているようです。

但し、回収場所へ運ばなくてはならないことが多く高齢者や女性などには負担が大きい点、また申し込みをしてから実際に処分出来るまでにある程度の日数が必要になるなど、行政の行うサービスらしく細かな部分では困ったところも残っています。

買い取ってもらうという選択肢

自治体以外のサービスを検討するということになれば、中古販売などを行っている業者などに買い取ってもらうという方法があります。
ある程度、売れるに値する品物であることが条件にはなりますが、業者によっては非常に手早く買取にきてくれるでしょう。

また民間の不用品回収業者に依頼するという方法もあります。
こちらは有料で引き取ってくれる形になると思いますが、ベッドやソファーにある程度の価値があれば引取の費用を割り引いてくれるでしょう。

友人や知人などに譲るという手段も

これ以外にも知人や友人に譲ることも視野に入れても良いかもしれません。
ベッドやソファーは高いために案外と欲しがっている人は多いのです。
手入れの良い状態であることが条件ですが一度検討しては如何でしょうか?

ここに紹介したように、ベッドやソファーなどの大型家具の処分方法は幾つかありますので、自分の考えにあった方法を選択するようにしてください。

  ≪ 前の記事: を読む