家電を正しく処分するには

- 家電を正しく処分するには

家電を正しく処分するには

日々の暮らしを豊かに楽しいものにしてくれるのが家電という製品です。
特に古くから生活のベース部分を担ってきたテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどの大型家電はまさに欠かすことの出来ない存在であると言っても良いでしょう。

しかし身近な存在であるにも関わらず、これらの大型家電を不用品として処分する際には、独自の法律に基づいて処理しなくてはいけません。

なぜ特定4品目だけ?

一般的な家電のうち先程述べた、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4つについては、特定4品目という名称を与えられ、家電リサイクル法という法律で処分の方法が定められています。
なぜこの4品目だけが特別なのでしょうか?

家電リサイクル法が成立する以前は、これらの大型家電も自治体が独自に粉砕などの方法で処理をしてきました。
しかし特定4品目に該当する家電は、非常に固い部品を有しており粉砕などが難しいこと。
更に再利用可能な資源としての価値が高いことから、環境面や経済合理性などへの配慮から、独自のリサイクルシステムが構築されたのです。

具体的にはどのように処理するの?

特定4品目を処分する際には、消費者が家電リサイクル券を購入して家電量販店に回収を依頼する形になります。
家電量販店はこれをメーカーに渡し、メーカーが責任を持ってリサイクルすることになるのです。

ここで注意しなくてはならない点は、パソコンなどのリサイクルとは違い、家電リサイクル券の購入が必要になる点です。
パソコンの場合は購入時の価格の中にリサイクル費用が盛り込まれていますが、家電の特定4品目の場合は後払いになるのです。

ちゃんとリサイクル券を買って処分しよう

消費者からすると、リサイクル料が後払いになることと、家電量販店に回収を依頼する際に発生する運送料を負担することになります。
このため不法に廃棄してしまったり、不用品回収業者に依頼してしまい、あとで環境汚染などの問題が引き起こされています。

特定4品目を処分する際には、きちんと家電リサイクル券を購入し家電量販店に回収を依頼するという手順で処分をしてください。
面倒に感じる部分もありますが、これが大切な資源と環境を守るために必要なことなのです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫